ベンチャー企業への転職で、華麗なる人生一発逆転は起こるか?

コラム
Sponsored Link

この記事で分かることはこんなことです

・ベンチャー企業ってどんな企業?
・30代中盤以降のミドル世代には魅力的な会社かもしれません
・ベンチャー企業で働いてみる よいところ、そうでないところ
・中々情報が少ない外資系のベンチャー企業って何をやっているのか?

ベンチャー企業でキャリア激変?

転職活動中のミドルエイジの皆様の中には、選択肢としてベンチャー企業を視野に入れている方もいると思います。


私の以前の会社の同僚も、国内大手IT企業から国内ITベンチャー企業に転職していきました。

実際の彼は私と同僚だったときは平社員でしたが、転職することで年収も立場も大きくアップ。

前職では考えれられないくらいの収入と、営業ポジションの統括責任者として活躍しています。

ベンチャー企業に対しては本当に人それぞれに違ったイメージを持っていると思います。


私も直近の転職活動でベンチャー企業を受験したことがあります。

色々理由があり、残念ながらご縁はありませんでしたが・・・技術的にとがった会社で魅力的な企業でしたよ。

Sponsored Link

ベンチャー企業に対する価値観はあなた次第で決まる

私も新卒後に入社した会社は当時イケイケのITベンチャーでした。

ベンチャー企業といえば、ストックオプションの付与や、企業によっては業績達成に応じて巨額のインセンティブが支払われることもあります。

私は1年半程度その企業で勤めましたが、どちらも得ることはできませんでした(笑)

ベンチャー企業はやはり『夢』で成り立っているところもありますので、その恩恵に預かれなければ魅力的だと感じにくい人も多いと思います。

あなたがベンチャー企業にどのような思いを抱くかで、その会社に対する価値観は大きく変わると言えます。

お金、自己成長、キャリアアップ、キャリアチェンジなど。人それぞれ目的はあると思います。

特にミドル世代でベンチャーに転職する一つのメリットは、キャリアチェンジがしやすいことだと思います。

大手企業では、30代も中盤以上になるとキャリアチェンジの壁が高くなるからです。(社内異動は除く)

ベンチャー企業で働く真のメリット・デメリットを洗い出す

お金?成長スピード?ポジション?考え方次第でメリットは無限

私の自身の経験や周囲の情報を基に、実際ベンチャー企業で働くメリットについて考えてみます。

・自己成長のスピードが速い
・一攫千金が狙える(笑)
・大きな裁量と権限
・起業に必要な経験ができる場合がある(新規事業の立ち上げなど)
・キャリアチェンジがしやすい
・うまくいけば、株式公開など普通のサラリーマンが経験できないことが経験できる
やはり『仕事に打ち込みたい』『大きな権限と裁量で仕事を進めたい』など、自立志向型でバイタリティがある方向けだと思います。
自分のやる気次第でどこまでも突き進んでいけるタイプの人には向いていると言えるでしょう。
前述した私の友人も、ハッキリとした給与テーブルもないため、ある意味成果さえ上げれば大きく給与をアップできると嬉しそうな顔をして言っていました(笑)

デメリットもやはりそれなりにある

デメリットもあるにはあります。

しかし、ベンチャーで働くという事は、デメリットよりもメリットを大きく感じた時です。

・(規模にもよるが)倒産、買収のリスクが大手よりも高い
・分業されていないので、何でも自分でやらないといけない
・社内インフラ、ルールなどの整備が進んでいない
・顧客基盤が弱い会社も多い
・よくも悪くも社長次第
・急激な経営の方向転換や予期せぬ解雇がある
・とにかく忙しい、人手が足りていない
一般的に言われていることですが、やはり不安定さは大手や中堅企業と比べると高いということはは確かです。

メリットが大きな反面、デメリットも大きいということは理解したうえで転職を検討するとよいでしょう。

しかしながら、ベンチャー企業はこれまでのあなたの転職回数などをあまり気にしない傾向があります。

ベンチャーからベンチャーの転職は比較的容易だと思いますし、実際にそう聞くことが多いです。


大手企業とは全く違う、ベンチャー企業の選び方

以上を踏まえ、私の思うベンチャー企業の選び方をまとめてみます。

・社長の人柄、経歴。また業界にどの程度コネクションがあるか
・非常に強い競争優位性があるか
・大手から資本出資を受けていれば比較的安定している(安定性が大切な場合)
・単純に面白そうか、身を賭して働いてみたいと思うか
特に大手企業出身者でベンチャーに転職する人は全く使い物にならない可能性があります。
雑用から何から全ての業務を自分でやることを覚悟しないといけません。
私の友人の一人も、大手企業からベンチャー企業に移り、スーパーバイザー職から人事職にキャリアチェンジしました。

ちなにみその会社は上場し、彼は見事ボードメンバーとして現在も活躍しています。

とっても夢があるなぁ、と思います。

未開拓の地を駆け抜けるように働かなくてはいけないため、瞬発力のある人、一念発起できる人が性格的には向いていると思います。

とはいえ、ベンチャーだから激務で死ぬほど大変かどうかということは企業によりけりです。

 
ベンチャー企業に転職する場合は社長面接になることも多く、企業の社長と会話ができるのはそれ自体が貴重な経験だと思います。

ベンチャー企業は機動力を求められ、よくも悪くも社長の権限が大きいです。

社長の人柄や経営センスに共感できるかということは応募者にとって非常に大切な要素になります。

ベンチャーに転職する時には、業務内容だけではなく『経営者のこと』についてはなるべく理解をした上で入社を決めるとよいと思います。

情報入手困難な外資系ベンチャー企業の実態とは?

外資系の企業でも日本で小さく事業展開を始める会社もあります。IT業界は結構多いです。

本国ではニッチ分野などのマーケットリーダーで海外展開の強化を目論む会社が日本に支店を出すケースです。

本国ではそれなりの企業規模であったとしても、日本の支店は全く別物であると考えた方がいいです。

私もこれまでの職業柄、外資系のニッチトップの日本支店の方と仕事をする機会が結構多かったです。

外資系の日本ではスタートアップの会社をこの記事では外資系ベンチャーと呼びます。

多くは営業系の職掌の方がカントリーマネージャーとして日本支店のトップを務めるケースが多いです。(製品や技術は海外本社が管轄しますからね)

日本のベンチャーよりも少ない人員構成で、マーケットを開拓していくことになります。

プロモーションの費用などは日系ベンチャーよりも獲得しやすいかもしれませんが、当然業績はシビアです。

私の知っている人は、部長職で年収3,000万円貰っていた人がいます。

その方は、あるお客様に対して納品日が会計期間を跨いだという理由で即刻解雇になりました。

そこらへんはかなりシビアだと思います。

しかしながら、日本での上場などの機会は滅多にないとは思いますが、かなり高額でのオファーは狙えるでしょう。

私の知る限り、長続きする人は中々いませんが、外資ベンチャーで働く人は同じく同業他社の外資ベンチャーに移籍するケースが多いと思います。

にっこりチキ
にっこりチキ

いずれにしても、自分のライフスタイルに合った働き方が一番だと思います

まとめ

・30代中盤以降のベンチャー企業はやる気がある人にはねらい目です
・ベンチャー企業にはデメリットもありますが、メリットも大きいです
・キャリアチェンジの可能性があることもベンチャー企業のよいところ
・外資系ベンチャーは超厳しいがリターンも大きい

ブログランキングに参加しています。応援の『ポチッ』よろしくお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました