【会社に絶対バレてはいけない】隠密な転職活動の方法教えます

仕事・転職活動の悩み
Sponsored Link

この記事で分かることはこんなことです

・転職活動をしていることがバレると大変なことになる理由
・会社にバレずに転職活動をするためにはどうしたらよいか
・転職活動は退職するより在職しながらの方がよい理由

絶対にバレてはいけない、転職活動

短期集中しすぎると転職活動が会社にバレる可能性も・・・

在職しながらの転職活動は本当に大変です。時間もパワーもかなりのものを消費します。


それでも転職を考えている皆さん、強い意志があれば転職することは可能ですので集中してやっていきましょう。

転職活動では、スケジューリングを立てることがとても大切です。なるべく短期間で集中的に活動を行い、転職活動を成功させたいですよね

通常業務との兼ね合いがとても悩みどころですが、あまり無理を押して転職活動をしていると同僚や上司などの会社関係者にバレてしまうこともあります。

会社関係者に転職活動がバレると正直シャレになりません。


日頃から会社への不満や転職可能性を示唆することはやめておきましょう。

普段と変わらない行動を心がける

営業職の方など、普段からスーツを着て外出が多い職種であれば転職活動は比較的容易かと思います。

しかし、私服勤務でOKな職場などで社内にいることが多い人は、急にスーツを着て出勤したりすると怪しまれることがありますので注意しましょう。

意外と周囲は見ています。

また、自分のスケジュールが誰でも見れる状態の人も多いと思います。

スケジュールの登録の仕方も注意が必要です。

転職活動中がバレるとどうなるか

もし、なんらかの形であなたが転職活動していることが会社にバレてしまった場合は色々な変化が予想されます。

一言でいえば、

信頼がなくなる

このことに尽きます。

転職活動をストップせざるを得なくなる可能性も高くなります。

かといって、いつ転職するか分からない人に対して、会社は重要な仕事やポジションを任せることはないでしょう。

そうなれば、辞めにくくなったにも関わらず必要とされなくなるという最悪なサイクルにハマる可能性もあります。

十分に注意したいものです。

しかし、社内でもほんの一握りのスーパーエリート層の人たちは例外です。

しかし、このブログではそのような人たちにスポットを当ててはいません。

周囲の見る目は一気に変わることもあります。余計なことを勘繰られることも・・・

多かれ少なかれ誰しも職場に不満はあります。その中から抜け出そうとしている人に対して嫉妬する人もいたりします。

転職活動もマナーを守って行うべきだと思います。

あなたが転職することで周囲の人に必要以上に不安を与えたり、一緒に転職することを煽ったりすることはないようにしましょう。

つまり、在職中の転職活動は絶対に今の会社にバレてはいけないという事です。

Sponsored Link

会社にバレずに転職活動を上手に進める方法

①転職エージェントを活用しましょう

ただでさえ在職中の転職活動はスケジュール調整が難しいです。これを応募者個人が企業と直接やり取りを行うのはかなり骨が折れます。

転職エージェントを利用することでその悩みはかなり解消されます。

大まかなスケジュール調整は勿論引き受けてくれます。されに良いのが詳細なスケジュール調整はシステムに時間帯を入力すればよいだけなのです。

通常企業とのやり取りはメールとなります。

応募者個人が企業の人事とメールするのは大変です。文面や体裁などかなり気にしないといけないため、時間もかかります。

また、やり取りの過程でマイナスの印象を持たれるリスクもあります。</p>

転職エージェントを利用することで、エージェントやシステムに助けてもらいながら最小限の手間でスケジュール調整をすることが可能です。

また、時間外の面接設定や土曜日(休日)のスケジュール調整など、応募者から企業にリクエストしにくいことも転職エージェントなら上手に対応してくれます。

あなたは自分の転職面接の準備や資料作成に集中することができます。

TwitterやLinkdInなどのソーシャルを活用する

IT業界などは特に多いです。

あなたの経歴をWebにアップロードしておき、企業からのスカウトを待ちます。

転職エージェントや個人の一般フォームからの申し込みと違い、非常に速いスピードで選考が進む可能性が高いです。

面接時間のセットなども柔軟に対応してくれるケースが多いのもこのルートで転職活動を進めるメリットだといえます。

興味を持った方はぜひチャレンジしてみて下さい。

その他の方法

王道なのは有給休暇を利用した転職面接です。

また、時間外でも面接を実施してくれる会社はあなたの思っている以上にたくさんありますので、遠慮せずにリクエストしてみて下さい。

スーツを普段着ない人は、コインロッカーなどにスーツを入れたりという工夫をしましょう。

服装だけはやはり気を付けて面接に臨んだ方がよいです。

また、これは少し特殊ケースですが、地理的にどうしても面接を現地で受けるのが厳しいという事であれば、ZoomやSkypeなどで面接を実施してくれる企業もあります。

さすがに最終面接は現地で対面という事になると思いますが、現地訪問を1回(しかも最終面接)に抑えることもできます。

熱意とともに応募企業へ交渉してみるのは全然アリです。

退職してからよりも在職中の転職活動を!

筆者も退職してから転職活動を行った経験があります。

時間の自由があるというメリットはありますが、デメリットもあります。

特に精神的金銭的な不安、内定の欲しさに安易に受諾してしまうといったケースです。

ホンネでいえば、どんなにつらくても退職後ではなく在籍中に転職活動をしてくださいと言いたいです。

ですからこのような記事を書いています。

とはいえ、在職中の転職活動の大変さも十分に知っているつもりです。なるべくスムーズに転職活動が終了できるようにこれからも発信していきたいと思います。

転職活動は集中力とスケジューリングが大切です。

スケジューリングについては以下の記事もあります。ご参考になればうれしいです。

転職活動を成功に導くスケジューリングの方法を教えます
転職活動を実際に始めたはいいものの、内定を取るまでの流れがイメージできない。転職面接の対策はもちろん大切ですが、転職活動のスケジュールの組み立て方も重要です。内定を勝ち取る期間を決め、その目標に無理なく届く効果的なスケジュールの組み立て方について実例を用いてご紹介します。

まとめ

・転職活動は現在の職場に絶対にバレないようにしてください
・転職エージェントやSNSを利用した効率的な転職活動をしましょう
・なるべく在職中の転職活動をおすすめします
皆さんが天職に巡り合いますように

ブログランキングに参加しています。応援の『ポチッ』よろしくお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました