転職面接終了後のお礼メール(本文公開) 効果と注意点を解説

転職面接

この記事で分かることはこんなことです

・転職面接終了後、お礼メールは送るべき?
・転職面接におけるお礼メールの位置づけ
・お礼メールの効果はいかほどか?
・お礼メール送付時の注意点

意外と悩む?お礼メールを送るべきか・・・

転職面接が何とか終了ーーーさて、その後お礼メールを送付するべきか悩んでいる人は意外と多いです。

今回はこのお礼メールの効果や送付する時の留意点についてご紹介したいと思います。

結論:お礼メールは選考には影響しない

はっきり結論から申し上げると、お礼メールが選考過程の合否に影響するかというと影響しません。これは企業の人事からハッキリ聞いたこともあります。

なぜでしょうか?その理由ご存知ですか?それは、

選考は『選考過程』で行われるから

です。

当たり前すぎる話ですが、中途入社の採用選考プロセスである

書類選考 → Web試験等 → 一次面接 → 最終面接

このプロセスの中で評価・選抜されるということです。

よって直接的に選考に影響を与えることはないと考えた方がいいと思います。

やはり転職面接の中でいかに思いを伝えられるかということにかかっているいるということは間違いなさそうです。

Sponsored Link

転職面接後のお礼メールは全く意味がないのか?

選考に直接影響はない、しかし・・・

お礼メールを送付することは選考通過の必須条件でないことは先ほどの通りです。

しかし、お礼メールを送付することで選考有利に運ぼうというような気持がそこまでないなら逆に送ってもいいと思います。

何とか有利に運ぼうと考えてメールの文面を作成すると、その気持ちがメールに現れます(笑)

転職面接のような重要なイベントでの一挙一動には思いのほか強い思いがにじみ出るからです。

あなたがある会社の面接を受け、そこでとても有意義な時間を過ごしました。新しい発見や勉強になりました。

そんな時間を過ごせたことで感謝しているのであれば、感謝の意とともにお礼メールを送信してもよいでしょう。

あまりくどくならない文面であればよいと思います。

採用面接に時間を割いて頂いた事に対する会社の気持ちを表明できれば十分だと考えましょう。

感謝の気持ちは相手に伝わるはずです。

筆者はお礼メールを送っていたか?

私の場合はケースバイケースです。本当によい面接の時間を過ごさせて頂いたと感じた場合は、程よいくらいの手短な文書で送付していました。

そして、お礼メールを送付した結果どうなったかというと・・・

選考通過率:約50%

でした。直接の選考には影響しないと考えていいと思います。

それでも、1社だけ面接後に長文を送った会社があります。

面接後に送付したお礼メールではない、アピールメール

これまで面接を受けた中で後にも先にも1社だけ、面接後に業務内容に関するディープなメールを送付したことがあります。

もちろん面接も有意義でした。入社したいと思わせてくれる会社でした。

面接最中で聞かれた質問は全て答えました。

しかし、面接中に受けた質問の中で、どうしてももう一つ伝えたいことがあることに面接終了後に気が付いたのです(笑)

悩みましたが、合否はこの際気にせず、自分の考えを伝えたいという動機でメールをしたためました。

転職エージェント担当経由で先方にはそのメールを送付しました。

転職面接後に送付したメール その内容は?

私自身、採用選考はそのプロセス(面接など)でしか行われないことをよく理解していました。

よって、面接後のメールは選考に影響を与えないことを分かったうえで、メールを送付しました。

メールが逆に悪影響を与えることがあることも承知しています。

リスクと知りながら、それでもやりきりたいという気持ちを優先してしまいました。

その時のメール文面はこのようなものです。(エージェント経由で送付してもらっているのでエージェント宛のメールになっています)

業務内容がびっしり詰まったメール

〇〇株式会社(転職エージェント) XX様

いつもお世話になります。チキ(筆者)です。

転職支援を頂き、本当にありがとうございます。

●●様(面接を受けた会社)の面接で先方▲▲様にお伝えしたいことがあります。(いま、思い出しました・・・)

職務経歴書では少し触れていますが、面接で言いそびれたことです。

ただし、面接はすでに終了しているので、IT業界の一営業としての話としてお伝えくだされば幸いでございます。

エージェント様目線もあると思いますので、送信いただくか否かについても、週明けに相談させてください。

—送信内容ここから

【件名】XX月XX日 面接の御礼(チキ(筆者の名前))

株式会社●●
★★部
事業本部長 ▲▲様

お世話になります。先日面接を頂いた チキ(筆者の名前)でございます。

この度は貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。改めて深く御礼を申し上げます。

面接の中で色々なことを教えて頂き、ますます貴社の一員になりたい気持ちが強くなりました。

面接中の話題に挙がりました■■をどう広めていくかお話ができていなかったことがあったことに気づき、今更ながらご連絡させて頂いた次第です。

面接は終了していることは承知しており他意はございません。


✖✖を推進するにあたり、営業として顧客へ提案する重要な要素の一つは、ーーを実施すること、別の言い方をすると〇〇という啓蒙活動だと思います。

■■を検討するお客様には、『どのように〇〇するべきか』、という点において検討が硬直化するケースが多いように感じます。

ここを一緒に考えることができる会社であるということをお客様に理解頂けると、他社に先行する可能性が高まると思います。

この点だけお伝えしたかったので僭越ながらご連絡させて頂きました。

いち営業としての勝手な意見で、出過ぎた真似となり恐縮です。ご気分を害されたら大変申し訳ございません。

無礼を重ねてしまいますが、私の担当した案件の詳細を以下に記載致します。

もし、お時間頂けるようでしたら御目通し頂けると幸甚です。


ーーーここから

(実際に提案した仕事の内容の詳細を記載)
ーーーここまで

勝手な意見で大変に申し訳ありません。ここまで読んで頂き誠にありがとうございました。

以上です。よろしくお願い申し上げます。

悔いを残したくなかったので、合否は気にせずメールを送ってしまいました。(実際はエージェントも送っていいんじゃないですか?という事で送信してもらいましたが)

転職面接後のメール送信 効果はあったのか

業務内容の詳細は省いていますが、かなりの長文を送信しています。

そして結果は『合格』しました。

このメールの効果があるかは不明ですが、選考に不利に働いたわけではないという事は言えそうです。

一応メール送信の際に注意したことがあります。それはこのような点です。

・採用選考とは関係ないことを理解していることを伝えている
・伝えたい趣旨(結論)をなるべく先出しする
・具体的な内容は、相手が興味を持ってもらえたら読んでもらえるように文書を配置する

面接を担当する方は、どの会社でも総じて忙しいポジションに就いています。

キャリアの中途採用ですから、ビジネスマナーの基本は抑えたうえでメールを送付するとよいと思います。

ビジネスマナーの基本というのは、特に忙しい人に対しては結論を先に伝えるという事です。

その後の選考で送付したメールに対するフィードバックはありませんでしたが、無事に選考を先に進めることができました。

お礼メールを送付する時はここに気を付けよう

ただのお礼メールでは面白くないので、ちょっとひねりを加えたメールをご紹介しました。

とはいえ、何度も言いますがお礼メールは直接選考に影響しません。

それでも送りたいなら送りましょう。ということです。

ということで、それでもお礼メールを送付したいということであれば、留意して頂きたいポイントとまとめます。

・文面は簡潔で手短に
・選考を有利に運ぼうという欲望に満ちた状態でメール作成しない
・送付するのであれば、面接終了当日もしくは遅くても翌日まで

まとめ

・面接終了後のお礼メールは選考に直接影響するものではない
・お礼のメールを送付することは悪いことではないが、内容によってはリスクがある
・送付するなら文面は簡潔に、遅くても面接終了翌日までに

ブログランキングに参加しています。応援の『ポチッ』よろしくお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました