転職エージェントのメリットを最大にするためにやってほしいたった1つのこと

転職エージェント
キューピー
キューピー

転職エージェントに登録するメリットって何?

チキ
チキ

メリットしかないよ、キューピー

転職活動を始めるにあたり、転職エージェントの利用を検討される方は多いと思います。

今回は、転職エージェントを活用するメリットをまとめます。そして、それだけではありません。

チキ
チキ

今回は転職エージェントのメリットをMAXにする方法をお伝えします

この記事で分かることはこんなことです

・転職エージェントに登録する一般的なメリット
・転職エージェントには絶対に会って下さい
・転職エージェントに会って、どうすればよいのかを教えます

転職エージェントに登録するメリット・デメリット

転職活動中の皆さんで、転職エージェントを利用している方も多いと思います。

最近の転職エージェントも幅が広がり、超大手をはじめとする総合系や業界や職種特化した専門エージェントなどもあり、どのエージェントを利用しようか悩むことも多いと思います。

転職エージェントの選び方については、今後別記事で公開する予定です。

話を戻します・・・

転職エージェントの初回登録は少々大変ですが、Web上で履歴書や職務経歴書を公開することもできます。

さらには職務経歴書のテンプレートまで入手できるので利用しない手はありません。

転職エージェントを利用するメリットは計り知れませんが、以下の点が大きなメリットです。

・書類や面接対策など、あなたの現在の活動についてアドバイスをもらえる

・エージェントから求人が定期的に送られてくる

・応募企業とのやり取りや年収交渉などのプロセスを引き受けてくれる

・非公開求人(その転職エージェントのみが持っている求人)という一般には応募できない求人に応募できる

・面接後のフォロー、先方の感触など応募者が聞きにくいことも企業にヒアリングしてくれる

おおむねこのようなところです。他の転職サイトにも同様のことが書いていると思います。

また、転職希望者の立場でエージェントを利用するデメリットは特にありません。強いて言えば、

・転職エージェント経由より個人経由の応募に好意を感じる人事担当者がいる(らしい)

・企業との連絡を仲介するため、企業と応募者の直接のやり取りに比べタイムフラグが発生する

本当にこのくらいです。

わたしは転職活動にはエージェントを利用することを強くオススメします。

特に在職しながらの転職活動は非常に労力が掛かりますので、そういった状況の方にはなおオススメしたいです。



転職エージェント1人当たりの担当者数は何人?

転職エージェント及び、実際に担当をしてくれる担当者について、気にして頂きたいポイントがあります。

・応募対象の業界の取り扱い求人数の多さ

・エージェント1人当たりの担当者数(求職者数)の少なさ

特に、後者が重要だと考えています。

できればエージェント1人当たりが担当している求職者数は少ないほうがいいです。

少ないだけ1人当たりにかける時間が増えます。

すなわちそれは求職者(あなた)のために使ってくれる時間が増えるということです。よいサービスが受けられます。

担当人数がどうしても多い場合は、やはり一人にかけられる時間は少なくなります。

エージェントも仕事ですから、早く転職したい人、エージェントから見て転職できそうな可能性が高い優秀な求職者から優先的に対応します。

よってどうしても力のかけ方に差が出るのは仕方がありません。(知り合いのエージェントが言っていました)

私が利用したとあるエージェントは大体1人当たり70人を平均的に担当していると教えてくれました。

これが多いか少ないかというと、業界大手の某社さんと比べると約半分です。とのことでした。

あなたにエージェント担当が付いた場合は是非この担当人数については質問してみてください。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


Sponsored Link

転職エージェントには絶対に会っておきましょう

エージェントに会うのと会わないのは大違いです

今回の記事で一番お伝えしたいことはこの部分です。

あなたにエージェント担当者がついてくれたタイミングで、必ず一度面会しておきましょう。

応募企業向けの転職面接対策以外のポイントとしては、転職活動の良しあしを左右する重要な局面です。

もちろん、優秀なエージェントであなたに時間を割いてくれる担当者がベストですが、すべて理想通りにはいきません。

それでは、なぜエージェントには直接会うべきかということについてお伝えしたいと思います。



あなたの人となりや転職活動に対する考えを知ってもらう

エージェントは応募先企業の人事の味方ではなく、求職者であるあなたの味方です。

面接官にはなかなか言いにくいこともエージェントには話しても大丈夫です。

例えば、ライフワークバランスについて、勤務地や希望する会社の雰囲気、給与面や福利厚生、残業の多さなど実際の面接の場では聞きにくいことについても話をして大丈夫です。

しかし、病歴など(特に精神疾患)などについては、聞かれない限り積極的に答える必要はないです。

転職エージェント企業と採用企業間の間には、転職が決まった場合、応募者の年収の3割前後の報酬が支払われます。

しかし、転職者がすぐにやめてしまったり大きな問題を起こしたりすると、その報酬は取り消しにされるケースもあります。

つまりエージェント側としても、転職可能性が高い応募者に当然来てほしいわけです。

過去の病歴などで変な印象を持たれるのは少々損な気もします。

現在も体調面や精神面で仕事に支障がある可能性がある場合は、事前に伝えたほうが良いかもしれません。

しかし、慎重に考えましょう。まずは転職活動ができるまで調子が回復していることが前提です。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


エージェントの人柄や経歴が分かる

エージェントと応募者(あなた)の立場はフラットです。

もっというと、エージェントとあなたは運命共同体です。

あなたも担当してくれるエージェントのことを知る権利があります。

実際にそのエージェントの方がどんな経歴で、どういう業界が得意なのかということについては聞いておきましょう。

その結果、ウマが合わないと感じたり不安を感じたりすることもあります。

その時は、担当者を変えてもらうようにお願いすることもできます。

チキ
チキ

失礼なことではありません

実際エージェントの人に聞いた話ですが、担当の交代は普通にある話でそんなに珍しくないみたいです。

転職という人生でも大きな決断をする大切な時期です。

エージェントのスキルだけでなく、性格や対応の仕方についてもあなたがしっくりくるような方を選ぶべきです。

しっかり自分のためになる選択をしてください。



エージェントも人です 情も沸きます

あなたの希望や現在困っていることも素直に相談してください。

お互いにしっかりと話ができればキズナもできます。

あなたの良さや希望をしっかりと伝え、エージェントがあなたのために頑張ってあげたいな、と思うように是非働きかけてみてください。

転職活動千里の道も一歩から。転職対策は、対応募企業だけではありません。

転職活動期間におけるあなたの最強の味方になってくれるのは何といっても転職エージェント。

あなたが実りある転職活動を進めることができるよいパートナーを見つけてください。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


転職活動期間の心の支えになってくれるエージェントもいる

以上のように転職エージェントを活用するメリットについてまとめました。

エージェント担当者にはぜひ一度会っておくことをおすすめします。

転職活動期間中は不安になったり落ち込んだりするものです。客観的に自分が見れなくなることもあると思います。

そんな時に、転職エージェントはプロの目線からあなたを精神的にも支えてくれる貴重な存在です。

転職面接がお見合いにも似ているのと同じように、転職エージェントの担当者ともご縁があります。

ご縁を最大限に活かして転職活動を成功させるために、転職エージェントとはしっかりと良い関係を築けるとよいでしょう。




まとめ

・転職エージェントを活用するメリットはあってもデメリットはない
・転職エージェント、登録したら絶対に会って下さい
・転職エージェントは企業に聞けない質問でも答えてくれます
・転職エージェントとよい関係を築き、転職を成功させましょう

皆様が転職に巡り合いますように

ブログランキングに参加しています。応援の『ポチッ』よろしくお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました