【簡単】投稿ページを固定ページに変更できるWordPressプラグインPost Type Switcher

Wordpress・ブログ関連
Sponsored Link

投稿ページと固定ページの変更を自由に行いたい

チキ
チキ

WordPress関連の小ネタ記事となります

今回はWordpressでブログ記事を書いているときの『投稿ページ』と『固定ページ』を自由に変更できるプラグインのご紹介です。


その名も『Post Type Switcher』 そのまんまの意味の分かりやすいネーミングです。

何より設定が超簡単です。一瞬です。

まずはPost Type Switcherをインストールする

それでは、まずご自身のWordpressブログのダッシュボードを開いてください。

ダッシュボードから、

ダッシュボード ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加

表示された画面右上の検索窓に、アプリ名称『Post Type Switcher』と入力してください。

その後、インストールします。

Sponsored Link

投稿ページと固定ページの変更を設定する

続いて、変更したい記事の編集画面を開きます。

記事編集画面で、

ステータスと公開状態枠の『投稿』をクリック ⇒ 設定変更
にっこりチキ
にっこりチキ

はい、終了~!

キューピー
キューピー

えっ?もうこれで終わり?

はい、終わりです。どうですか?簡単すぎますよね(笑)

ちなみに、投稿ページを固定ページに、固定ページを投稿ページに変更することができます。

投稿ページ作成時は、『タグ』の設定ができるため、設定をされている方も多いと思います。

『タグ』付きの投稿ページを固定ページに変更すると、タグはなったように見えます。

しかし、変更した固定ページを再度投稿ページに変更(戻した)すると、以前設定したタグが復活しています。

つまり非表示にしているだけで、保存はされているということみたいです。

WordPress&Cocoon関連で他にもこんな記事を書いています

今回あまりにシンプル過ぎて記事がすぐに終わってしまったため、少し宣伝させて下さい。

少しずつですが、本ブログでもブログカスタマイズ系の記事を増やしています。

このブログはWordpressとCocoonで製作されており、以下のような関連記事も執筆しています。

ご興味あれば、是非のぞいていって下さい。特にサイト型ブログの作成記事は一見の価値ありです。(関連記事の一番上の記事です)

ブログランキングに参加しています。応援の『ポチッ』よろしくお願い致します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました